足が臭い人

足の体臭に関する文集

日常生活において、足の使用は欠かせない体の一部であり、足から発生する脂や汗で群れてしまうことにより、靴下や靴の内部に浸透してしまうことです。

 

特に雨や水気のあるところでは、靴が湿ってしまい、足にも匂いが移ることもあります。
特に夏など厚い時期は汗をたくさんかいてしまい、足が全体的に湿って余計に臭さが増してしまい、ズボンがべとべとになってしまいます。

 

対策としては、夏など汗を大量にかく時期は、頻繁に足を洗ったり、ズボンを変えたりしていくことであり、雨や水気の湿った場所などに気を付けながら、靴や靴下を干したり、洗ったりして、カビ、汗などの匂いを残さないようにすることで足にも匂いが移らないようにすることです。

 

定期的に足のケアをすることであり、爪なども手入れして、靴は、消臭剤を噴射することなど、匂い対策もこまめにすることで、匂いを減らすこともできます。

 

ズボン、靴は、用途に応じて、使いこなすことであり、周辺に不愉快にならないように気を配ることも考えられます。
特に運動や重労働などのあとは、足を洗い、靴やズボンを交換、消臭することであり、放置しないことで、汗脂のにおい、カビ臭などの匂い対策も大切さだと実感しました。